腸活で体内から綺麗に! 「ヤセ菌」を増やすもち麦ダイエットとは?

テレビ番組である芸能人が朝ごはんを「もち麦」に替えただけで2週間でマイナス3キロ!を実現した腸内も綺麗にする「もち麦ダイエット」をご紹介します!

腸内には「デブ菌」と「ヤセ菌」が存在しているのをご存知ですか?

ご存知の通り、腸内には腸内環境を整える「善玉菌」と、腸内の環境を乱し、さまざまな体調トラブルを引き起こす「悪玉菌」が存在します。

その「悪玉菌」の中でも「ファーミキューテス菌」と呼ばれているのが、いわゆる「デブ菌」と呼ばれている菌です。

この菌が腸内に多く存在するほど、太りやすい体質になると英国科学雑誌『ネイチャー』でも取り上げられました。

逆に、善玉菌の中に含まれるビフィズス菌などを「ヤセ菌」といい、この「ヤセ菌」が腸内に多い人ほど、痩せやすい体質になると言われています。

では、その「ヤセ菌」を増やすには、どうしたらよいのでしょうか?

その「ヤセ菌」を増やすと今話題なのが「もち麦」なのです!
人間が太る要因の多くは、腸内にあると言います。
その腸内のヤセ菌を増やして無理なくダイエットをしましょう!

目次

腸内環境を左右する、デブ菌とヤセ菌とは?

最近の研究では、腸内環境が乱れている人は太りやすい傾向にあると言われています。
いわば、「腸内を整える=腸活」をすることが、ダイエットへの近道とも言えるのです。

腸内にはたくさんの菌が生存しています。
中でも「ファーミキュテス門」と呼ばれるのが、いわゆる「デブ菌」と呼ばれる腸内細菌です。

一方、「バクテロイデス門」と呼ばれる腸内細菌は「ヤセ菌」と呼ばれており、世界的に有名な科学雑誌である「nature」で、2006年に発表されたマウスを使った研究結果ではこの「バクテロイデス門」が腸内に多く存在したマウスは痩せているということが証明されました。

では、そんな「ヤセ菌」である「バクテロイデス門」を増やすのにはどうしたら良いのでしょうか?

ヤセ菌を増やす注目素材「もち麦」

「もち麦」には、デブ菌を減らすと言われているβ-グルカンという「水溶性食物繊維」が豊富に含まれており、その量はごぼうのなんと約4倍!とも言われています。

デブ菌である「ファーミキュテス門」は、必要以上に腸内で糖質や脂質を溜め込んでしまう性質があるのだとか。

β-グルカンはもち麦の中心部に含まれており、食事と一緒に摂取すると水分でゼリー状になり、一緒に摂った糖質や脂質を包み込んで体外に排出してくれるとか。 この効果で、ヤセ体質になるのだそうです。

また、腸内環境を整えるためにヨーグルトや発酵食品などを摂取している人も多いかと思いますが、これらの菌は「エサ」がないと活発に活動することができません。

その「エサ」となるのが、もち麦に含まれている「β-グルカン」などの食物繊維なのです。

食物繊維には水に溶ける「水溶性食物繊維」と、水に溶けない「不溶性食物繊維」の2種類があります。

このうち、「デブ菌」を増やすのを防ぐ役割をするのは「水溶性食物繊維」となります。
この「水溶性食物繊維」を多く含む食品には、他にも「エシャレット」や「にんにく」「柚子の皮」などがありますが、これらを大量に食べるのはちょっと無理がありますよね。

そうした意味でも、食事内容を変えずに「ごはんに混ぜて食べるだけ」のもち麦は簡単かつ無理のない食品だと言えるでしょう。

摂取するタイミングは「朝食で」

このもち麦は、普通のご飯と混ぜて炊くのですがOLの方などは毎食食べるのは大変ですよね。でも大丈夫。
この「もち麦ごはん」は朝食1食だけ食べるだけで効果があるのです。

「もち麦」には、ヤセ菌のエサとなる水溶性食物繊維がなんと100g中9gも含まれているので、ごはんと一緒に食べられる手軽さを考えても非常に効率的。

また、朝に摂取することで、その日1日のカロリーコントロールをしてくれるので、あとの2食はいつも通りの食事をしてOK。とっても簡単ですよね。

あるテレビ番組の検証結果では、1日1回、朝食のごはんにもち麦を混ぜたものを食べ、その他の2食は好きな食事を食べた結果、2週間で約3kgの減量に成功した人もいました。

それほどまでに効果のある「もち麦」。
辛い運動も食事制限も一切なく、健康的に無理なくダイエットができ、さらに腸内環境も整うことで身体の調子も良くなるなんて試さない理由はないですよね。

このもち麦は、普通のご飯と混ぜて炊くのですがOLの方などは毎食食べるのは大変ですよね。でも大丈夫。
この「もち麦ごはん」は朝食1食だけ食べるだけで効果があるのです。

「もち麦」には、ヤセ菌のエサとなる水溶性食物繊維がなんと100g中9gも含まれているので、ごはんと一緒に食べられる手軽さを考えても非常に効率的。

また、朝に摂取することで、その日1日のカロリーコントロールをしてくれるので、あとの2食はいつも通りの食事をしてOK。とっても簡単ですよね。

あるテレビ番組の検証結果では、1日1回、朝食のごはんにもち麦を混ぜたものを食べ、その他の2食は好きな食事を食べた結果、2週間で約3kgの減量に成功した人もいました。

それほどまでに効果のある「もち麦」。
辛い運動も食事制限も一切なく、健康的に無理なくダイエットができ、さらに腸内環境も整うことで身体の調子も良くなるなんて試さない理由はないですよね。

アイコン

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェア大歓迎です
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

Webディレクター|SEOエンジニア|マーケター|「Benten」化粧品専門家。
薬事法管理者 / スキンケアマイスター / CBD化粧品プランナー 

21歳で結婚、22歳の時に離婚を経験し、一切の援助を受けずに母子家庭でひとり息子を育てる。
2005年、30歳を過ぎ自分のスキルに不安を感じ、職業訓練校にて1年間プロクラムを学ぶ。
翌年の2006年、全研本社株式会社に入社、BtoBマッチングサイト「健康美容EXPO」の立ち上げのメンバーとして参画しそこから自身のITの歴史が始まる。
同年に第一期生として薬事法管理者の資格を取得。多くの健康美容業界のプロモーションに携わる。
この時期よりSEOを体験的に学び、「無添加」「美白」「サプリメント」などのビッグワードで運用するポータルサイトを1位にまであげた。
その後、株式会社IBJ、株式会社シンフィールドを経てフリーランスへと転向。
2021年10月、編集プロダクション・ジュエルコミュニケーションズを設立。
代表取締役に就任。

コメントありがとうございます

コメントする

目次